2012年10月15日

歴史は繰り返されるんですなぁ

私は、小学生のころ、父親に「ぱなし君」と呼ばれていました。

「ドアは開けっぱなし」「電気はつけっぱなし」「本は読みっぱなし」

まぁ、要するに片付けない子供だったってことなんですよね・・・。

しかし、私もみ〜くを「ぱなし君」と呼びたくて仕方ないんです。

全く同じなんですよね、ほんっとに・・・。

もちろん、ぱなし君だけじゃないんですけどね、似ているのは。

IMG_1143.JPG


こうやって、レゴを床一面に広げて、部品を探して作っていく光景は、まさに約25年前に私が見て、そして私がやったことと、全く同じだなぁ・・・なんて思います。

歴史は繰り返される、というのか、それとも、繰り返そうとする黒い力でもあるんでしょうか(笑)

さて、そう考えると、み〜くにがんばって逆上がりを教えても、ダメなのかな???
posted by み〜く at 23:38 | Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

誕生日プレゼントが届かないトラブル

去年の誕生日は、幼稚園の運動会と重なったけど、今年は特に大きな予定もなく、無事に誕生日を迎えることができました。

と言っても、家族みんな風邪引いてるんですけどね・・・。

それでも、いつも通りというわけではないですが、じぃじとばぁばを呼んで、お誕生日会を。

しかし、4日前にネットのトイザラスで頼んでおいたプレゼントが、お届け日最短指定にもかかわらず、まだ届いていない・・・

お昼に誕生日会をして、おやつで誕生日ケーキを食べて・・・


そこで、始めて佐川急便のホームページで荷物の問い合わせをしてみると・・・3日前から「配達店へ輸送中」になってるではないですか!!

とりあえず、落ち着いて佐川急便の営業所に電話してみると、なんと、「荷物の所在がわからない」と!!

なんか、み〜くがまだ生れる前、ヤフーオークションなどで、商品を右から左に流していたとき、配送事故とかがある、なんていう噂を少し耳にしたことはありましたが、まさか自分の家がそうなるとは、夢にも思っていませんでした。

で、しばらくして営業所から電話がかかってきて、「荷物の所在がわからないし、トラックも全て出払っているので、明日の配達になる」と。

正直、客商売をしていた経験から、自分が「やんややんや」言うのは、どうかな、とか思ったんですよね。実際、トラックもないし、そもそも荷物が営業所にないんじゃ、どうしようもないし・・・

と、わかっていても、さすがに第一報で引き下がるのも、穏便すぎるのかな、と思い、声を穏やかに、「なんとか探して、今日中にお願いしたい」と伝えました。もちろん、子供の誕生日だから、と。


しかし、待つこと1時間、電話がかかってきましたが、やはり荷物は見つからない、とのことでした。

こういう時、営業所ではどのようなマニュアルが用意されているのかはわかりませんが、そもそも無いものを持ってこいというのは、こちらも大人げないとわかっている面もありますので、必ず明日持ってきて下さい、午前中に、と念を押して、今日は諦めることにしました。

み〜くはすごく残念がっていましたが、「今できる楽しいことをしよう」と言うことで、無料視聴できていたWOWOWで放映されていた「タンタンの冒険」を録画していたので、見ることにしました。


で、見始めること20分・・・再び電話が鳴りました。

それは営業所からではなく、配達ドライバーからの電話で、荷物が見つかりました、今すぐお伺いします、と。

あきらめが肝心、とか言いますが、できることはやった上で仕方なく諦め、その上で、良い報告を受けるのは、なんだか格別に嬉しいと言いますか、素直に良かったと思えたことと、佐川さんにも、がんばって見つけてくれてありがとう、と思えました。

やってきたトラックは超大型、これはどうみても、個人の家を回るトラックちゃうぞ、って感じでした。

届いた箱をみて、なんとなく納得しました。

ちょっと、箱の写真は、み〜くがすぐにぼろぼろに開けてしまって、写せなかったのですが、中身の商品の割に、外見の箱は4倍くらいのサイズに入っていて、しかもその箱には配達伝票のみ、「トイザラス」などの記載や、「こわれもの」などのシールもなく、無地・・・。

正直、ちょっとわかりにくいですよコレじゃぁ、なんて思いました。別にトイザラスさんが悪いわけでもなく、非があるとすれば、そりゃぁ佐川さんなんでしょうけど、ちょっと、「落とし穴」的な感じかな、と。

とにかく、無事にプレゼントが届いて良かった良かったです。

IMG_1146.JPG


最近はまりのレゴ、そしてみ〜くの大好きな恐竜シリーズです。
posted by み〜く at 23:30 | Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

ヨコミネ式の幼稚園だったのか・・・

去年だったか、もうかなり前の事になるのだが、facebookで東京に住む友人が幼稚園について書いていました。


なんか、倍率の高い幼稚園にダメ元で申し込んだけど、入園通知が来たっていうこと。

特に気にかけず、むしろ東京の方では保育園や幼稚園が不足していて待機児童が多いとか聞いていたので、大変だなぁとか思っていたのですが・・・


最近、その友人のfacebookに幼稚園の書き込みがあって、納得。

ヨコミネ式の幼稚園だったようです。

私はテレビをほとんど見ない人なんですが、以前、嫁さんに勧められて「エチカの鏡」という番組を見たときに、幼児教育早期教育についての特集が組まれていて、そこにヨコミネ式について紹介されていたので、友人の話も納得でした。

すごい人気なんですよね、ヨコミネ式の幼稚園は。

み〜くの時はそんなに意識していなかった、というよりは、モンテッソーリの幼稚園を探していたので、ヨコミネ式は知らなかったですし、知っていても、通わせるには至らなかったのでは無いかと思うのですがね。

けど、わざわざ通わせなくても、自宅でも理論させわかっていればできるんじゃないかな、ぐらいに思ってます。

まぁ、なんでも自分でやろうとして、中途半端になるのは、私の悪い癖なのですが・・・


そんなにヨコミネ式についての詳しい情報がネットにあるわけではなかったのですが、ちゃんと教材が売っていました。

ヨコミネ式マル秘子育て法

実際に運動させたい、とか、そういう風に思ってはいないので、それよりはむしろ、子供と親の関係を大事にしたいなと思っていますが、このヨコミネ式も、そういうところは共通してるんだなと思いました。


まぁ、幼稚園で園児と先生と、どのような関係が築かれているのか、わからないのでなんとも言えませんが・・・。

ちなみに、エチカの鏡で一緒に紹介されていたのが、クボタ式(?)です、元気なおばあちゃんが説明していた、脳科学がどうとかっていう奴ですね。

これも、近くに教室がなくても、ネット教室があるので、誰でも参加できます。すごい時代ですね。

親子で一緒に脳を鍛える!くぼたのうけんWEBスクール


posted by み〜く at 22:27 | Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。